HOME > オクターゼとは > オクターゼ誕生エピソード

オクターゼとは About Octuse

オクターゼ誕生エピソード

「自然に学ぶ」を原点に、微生物の研究からスタートしたオクタス総合研究所は、
微生物の有用な働きのひとつである「発酵」の探求を通じ、その本質、「酵素」の可能
性に着目してきました。設立から2年が経過した2000年、オクタス総合研究所代表
藤本直司と、薬師寺一郎先生の運命的な出会いがありました。 それは、日本が誇る
稀代の医学者、野口英世博士が繋ぐご縁でした。

長年、酵素の応用を研究してきた薬師寺先生は、同じ研究者として、不屈の意志と
努力によって、歴史に残る業績を遂げた野口博士の 生き方に憧れ、尊敬の念を抱いて
いました。 その野口博士の業績を称える、生誕120周年記念切手が、1997年に
ガーナ共和国で発行されたことを知った薬師寺先生は、なんとか入手 すべく奔走
しますが、海外の希少性の高い切手であることから、 なかなか実現しませんでした。
それを聞いた藤本は、自身の海外ネットワークによってその入手に 成功し、薬師寺
先生にお届けしたのです。

感染症対策を目指す二人を、感染症対策に尽くされた野口博士が繋ぐご縁。
スタートは違っても、同じ道を歩む二人は意気投合し、酵素技術で感染症を予防する
という、オクタス総合研究所のビジョン・ 知見と、薬師寺先生の長年に渡る研究成果
が相乗効果をもたらし、 ついに世界トップクラスの分解性能を持つ酵素洗浄剤、
「オクターゼ」が完成したのです。 「オクターゼ = OCTASE」とは、オクタス
総合研究所の「OCT」に、様々な 酵素の名称に使われる「ASE」を掛け合わせ、
薬師寺先生が命名しました。

2005年、薬師寺先生は惜しまれながら鬼籍に入られましたが、 その想いはしっかり
と引き継がれています。 「オクターゼ」は、医療分野での公的な認知にとどまらず、
様々な分野での応用が期待されています。 感染症対策に力を尽くした先人の
スピリッツは、時代を超えて後世に 受け継がれ、これからも生き続けて行くのです。

薬師寺 一郎先生

野口英世生誕120周年記念切手1997年ガーナ共和国

記念切手入手への謝意の辞

ページ先頭に